お食い初めをしました

先週の土曜日はチビちゃんのお食い初めをしました。

100日からは少し過ぎてしまいましたが、主人が確実に家にいる土曜日に家族3人だけで行いました。

両家のジジ・ババにも参加してもらえればよかったのですが、どちらも遠方で仕事が忙しい人たちなので自分達だけですることに。

事前にいろいろと調べて、全て出来あがったものを注文することと夫婦で話し合って決めていました。

が、主人の両親から、たくさんのお祝いと一緒にもち米と小豆が送られてきました。

「これでお赤飯を作ってあげて下さい」

とのメモと一緒に。

お礼の電話をした時にも、

「大変だと思うけど、出来るだけ手づくりしてあげてね」

と念を押されてしまいました(笑)

その事を主人に伝えると、

「じゃあ、お願い」

とあっさりと言われました。

もともと私は手作りしたい派。

料理の間チビちゃんを見ていて欲しいとお願いしたところ、主人は却下。

「面倒を見る時間を作れるという確証が無い、大変だから出来たのを買おう」

ということになったはずなのですが… 。

少しイラッとしましたが、お祝い事で喧嘩したくなかったので我慢しておきました。

そして迎えた当日。

午前4時に起きて、お祝いの料理を作りました。

お赤飯、紅白なます、筑前煮、蛤のお吸い物。

焼き鯛以外は頑張って手作りしました。

お食い初め料理以外に主人の大好きな唐揚げも準備。

お部屋の飾りつけもして盛大にお祝いしようと出来る限り頑張りました。

お昼前の機嫌の良い時間帯を選んで、お食い初めの儀式を開始。

食べさせるマネをすると食べ物に興味を示し、ニコニコ笑顔を見せてくれました。

無事にお祝いが終了し、両方の両親にメールで写真を送っておきました。

主人の両親からは、料理の出来栄えを褒めて頂けたので頑張った甲斐がありました。

今後のお祝い事も出来る限り手作りで頑張ってお祝いしてあげたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です