お互いに気を使う家庭訪問

新生活がはじまり、みなさんいろいろと忙しい日々を送っているのではないでしょうか。

新しい職場、新しい学校、新しい住居。

もちろん、毎日専業主婦をしている私だって、この時期は大変です。

子供の学校や幼稚園の役員もありますし、参観日や懇談会も、この時期は何もかもしなくてはいけないんですよねぇ。

おまけに町内会の役員も決まってしまいました(泣)そんな中、とうとうやってきました家庭訪問!

今回は上の子の学校の先生がいらっしゃいました。

主婦にとって一番気になるのは、

「先生は家の中に上がるのか?」

だと思います。

上の子の小学校は私の母校でもあるのですが、私が小学生の時から

「家庭訪問は玄関で」

が常識でした。

しかし、その時々で対応が違うようです。

私は玄関に座布団を敷いて先生に座っていただいたのですが、ママ友さんは一応声をかけるのが礼儀かと思い、

「中へどうぞ~」

と声をかけたところ、先生はアッサリと中へ入ってきたそうです。

家の中に誘導した本人が一番驚いたそうなんですよね。

断られると思い込んでいたそうで。

先生からすれば誘ったのそっちじゃん!?

って話です。

他のママ友さんたちも皆さん玄関で済まされたようです。

家に上げたくなければ声はかけないことです(笑)

家庭訪問の日は一応片付けはしておいて、どのように対応するかはお母さん自身が決めておいた方が良さそうだな~と学習しました。

先生だって、他人の家の勝手なんてわからないんですからね。

来週は下の子の幼稚園の家庭訪問があります。

幼稚園は前もって玄関で話をするというプリントが配られているので気楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です